離婚のための各種法的手続きについて

これはよくある話ですが、大人社会であるゆえに結婚生活において何らかの事情で、離婚を余儀なくされたりするような事例も少なくはありません。
離婚自体は我が国日本においては法的に求められていますので、その分、何らかのカタチでの法的手続きや財産分与面においての配分交渉、様々な権限面でのやり取りなどが、離婚当事者同士の間において行われていくという流れになります。

その流れのうえにおいて、法的手続きのカタチとしては、離婚の是非を巡る離婚の言い分を認めるための民事訴訟、訴訟以外のカタチでの離婚を巡る非訟事件手続き、子供の親権や成年被後見人などの代理権を巡る人事訴訟手続き、財産分与においての分配配分を巡る調停や仲裁等々、多くのものが挙げられます。

これらの中から、必要になるあるいはやるべきである法的手続きのあり方について、担当弁護士の先生と相談を行い、そのうえで、それぞれの手続きのやり方について話し合うというようなカタチになっていくのが、一般的な流れのあり方の様相であると考えられます。

ただ、それでも家庭によっては、必ずしも現在の法的システムで扱う要件には当てはまり切れないような事案やケースとかも決して少なくは無く、さらにそこにある地域に存在する文化や慣習、宗教、環境的要因とかも様々なカタチで関わってくる場合が少なくはありませんので、弁護人側としても対応が難しい場面もあるようです。